豚肉

豚肉の栄養価を知らべました。

1食(目安量:ゆでた状態で41g)で各栄養素の1日当たり推奨量の何%摂取できるかをレーダーチャートにまとめました。

豚肉の栄養価

【出典】日本食品標準成分表2015年版(七訂)

豚肉100gは豚肉をメインとした食事の場合の摂取量です。

豚肉1食100gは豚ばら野菜炒めや豚丼、豚肉の生姜焼きなど豚肉が主役の料理の場合に使用される豚肉の量の目安となります。

ビタミンB1、ビタミンB12、亜鉛が豊富

豚肉はビタミンB1、ビタミンB12、亜鉛が豊富な他、ビタミンDやビタミンEもある程度、摂ることができる栄養価の高い食材です。

豚肉メインの料理は2日に1食以内が望ましい

日本人一人当たりの豚肉摂取量は1日あたり平均して57g程度※です。豚肉はビタミンB1が豊富に摂れる食品ですが、豚肉以外の食品からもビタミンB1は豊富に摂れるので、豚肉のみの摂取に偏らず、色々な食品から栄養を摂取することを推奨します。動物性タンパク質の摂りすぎは癌になるリスクを上げると言われているため、牛肉や鶏肉の摂取も考えると、上述の通り豚肉メインの料理は2日に1食以内とした方が望ましいと考えられます。

1日あたりの日本人一人当たりの豚肉摂取量の計算根拠は?

食料需給表(2018)のデータによります。日本は豚肉を国産品、輸入品を合わせて年間261万トンを消費しています。これを(日本人の人口1億2644万3千人×365日)で割ると57gとなります。