「トロッコ」芥川龍之介 A Lorry by Ryunosuke Akutagawa

Rewrite [N3-N4 level]

 鉄道工事が始まったのは、良平(りょうへい)が8歳の時だった。良平は毎日、村外(むらはず)れへ、その工事を見に行った。ただ、工事を見たいのではなくトロッコで土を運ぶ様子がおもしろくて見に行ったのである。
 トロッコの上には土工(どこう)が二人、土を積んだ後(うし)ろに立っている。トロッコは山を下(くだ)るため、自然に走って来る。車台(しゃだい)が動いたり、土工の服の裾(すそ)が動いたり、細い線路がしなったり――良平はそんな様子(ようす)を眺(なが)めながら土工になりたいと思う事がある。一度でもいいので土工と一緒(いっしょ)にトロッコへ乗りたいと思う事がある。トロッコは村外れの平地へ来ると自然とそこに止まってしまう。それと同時に土工たちは身軽な動きでトロッコを飛び降りるとすぐに車台の土を地面に落とした。それから今度はトロッコを押して、もと来た山の方へ登り始める。良平はその時、乗れなくてもせめて押す事ができたらと思うのである。
 ある夕方、――それは二月の初旬だった。良平は二つ下の弟や、弟と同じ年の近所の子供とトロッコの置いてある村外れへ行った。トロッコは泥だらけになったまま、薄明るい中に並んでいる。土工たちはいなかった。三人は恐(おそ)る恐(おそ)る一番端(はし)にあるトロッコを押した。トロッコは三人の力が揃(そろ)うと、ゆっくり車輪をまわした。トロッコは三人の手に押されながら、少しずつ線路を登って行った。
 その内に二十メートル(20m)ほど行くと、線路の勾配(こうばい)が急になり出した。トロッコは三人の力では、いくら押しても動かなくなった。それどころか車と一緒に、押し戻されそうにもなる事がある。良平はもういいと思ったから、年下の二人に合図をした。
「さあ、乗ろう!」
 彼らは手をはなすと同時にトロッコの上へ飛び乗った。トロッコは最初は少しずつ、それから勢いきおいよく、一気に線路を下(くだ)り出した。その途端(とたん)につき当りの風景は、たちまち両側へ分かれるように、目の前へ展開して来る。顔に当る風や足の下に感じるトロッコの動きに良平は夢中になった。
 しかしトロッコは二、三分後、もう元の終点に止まっていた。
「さあ、もう一度押そう!」
 良平は年下の二人と一緒に再びトロッコを押し上げ始めた。しかし、まだ車輪も動かない内に彼らの後(うしろ)に突然、誰かの足音が聞え出した。そして、それは急にこういう怒鳴(どな)り声に変った。
「この野郎!誰に断(こと)わってトロッコに触(さ)わった?」
 そこには古い服に麦わら帽子(ぼうし)をかぶった、背の高い土工が立っている。――その姿を見た途端に良平は年下の二人と一緒に、もう十メートルほど逃げ出していた。――それっきり、良平は工事見物の帰りに、人気(ひとけ)のない工事現場にあるトロッコを見ても、二度と乗って見ようと思った事はない。ただ、その時の土工の姿は、今でも良平の頭のどこかに、はっきりした記憶を残している。薄明りの中にほのめいた、小さい黄色の麦わら帽子、――しかしその記憶さえも年々(ねんねん)、薄(うす)れていくらしい。
 約十日後、良平は一人で、昼過ぎの工事現場に立って、トロッコの来るのを眺めていた。すると土を積んだトロッコの外(ほか)に、枕木(まくらぎ)を積んだトロッコが一輛(りょう)、これは本線になる筈(はず)の、太い線路を登って来た。このトロッコを押しているのは、二人とも若い男だった。良平は彼らを見た時から、何だか親しみやすいような気がした。「この人達になら叱(しか)られない」――彼はそう思いながら、トロッコの近くへ走って行った。
「おじさん。押してやろうか?」
 その中の一人、――縞(しま)のシャツを着ている男は、うつむきながらトロッコを押したまま、思った通り快(こころよ)い返事をした。
「おお、押してくれよ」
 良平は二人の間にはいると、力一杯押し始めた。
「君はなかなか力があるな。」
 他(た)の一人、――耳に巻煙草(まきたばこ)を挟(はさ)んだ男も、こう良平をほめてくれた。
 その内に線路の勾配は、だんだん楽になり始めた。「もう押さなくてもいい」――良平は今にも言われるかと心配していた。しかし、若い二人の土工は、前よりも腰を起した後は黙(だま)って車を押し続けていた。良平はとうとうがまんできずに土工にこうたずねた。
「いつまでも押していていい?」
「いいとも。」
 二人は同時に返事をした。良平は「優しい人たちだ」と思った。
 しばらく押し続けたら、線路の勾配が再び急になった。そこは両側のみかん畑に黄色い実がいくつも太陽の光を浴びている。
「上(のぼ)りの方がよい。いつまでも押させてくれるから」――良平はそんな事を考えながら、全身でトロッコを押すようにした。
 みかん畑の間を登りつめると、急に線路は下(くだ)りになった。縞のシャツを着ている男は、良平に「おい、乗りな」と言った。良平はすぐに飛び乗った。トロッコは三人が乗り移ると同時に、みかん畑の匂いをあおりながら、ひたすら線路を走り出した。「押すよりも乗る方がずっとよい。」――良平は羽織に風をはらませながら、当り前の事を考えた。「行きに押す所が多ければ、帰りも乗る所が多い」――そうもまた考えたりした。
 竹藪(たけやぶ)のある所へ来ると、トロッコは静かに走るのを止(や)めた。三人はまた前のように、重いトロッコを押し始めた。竹藪はいつしか雑木林になった。上りの途中には、赤く錆(さび)た線路が見えない程、落葉のたまっている場所もあった。その線路をやっと上りきったら、今度は高い崖(がけ)の向うに広い海が見えた。と同時に良平の頭には、遠くに来過ぎた事が、急にはっきりと感じられた。
 三人はまたトロッコへ乗った。車両は海を右にしながら、雑木の枝の下を走って行った。しかし、良平は先ほどのように、面白い気分にはなれなかった。「もう帰ってくれればいい」――彼はそうも念じて見た。しかし、終点まで行かなければトロッコも彼らも帰れない事は、もちろん彼にも十分にわかっていた。
 その次に車両が止まったのは、藁屋根(わらやね)の茶店の前だった。二人の土工はその店へはいると、赤ちゃんをおぶった上(かみ)さんを相手に、のんびりお茶を飲み始めた。良平は独(ひと)りでイライラしながら、トロッコのまわりをまわって見た。トロッコには頑丈(がんじょう)な車台の板に、跳(は)ねかえった泥が乾(かわ)いていた。
 しばらくして茶店を出た後、巻たばこを耳に挟はさんでいた男はトロッコの側にいる良平に新聞紙に包んだ駄菓子(だがし)をくれた。良平は冷淡に「ありがとう」と言った。しかし、すぐに冷淡にしては相手にすまないと思い直した。彼はその冷淡さを取り繕(つくろ)うように、包み菓子の一つを口へ入れた。菓子には新聞紙にあった石油の匂いがしみついていた。
 三人はトロッコを押しながら緩(ゆる)い傾斜を登って行った。良平は車両に手をかけていても心はほかの事を考えていた。
 その坂を向うへ下(お)りきると、また、同じような茶店があった。土工たちがその中へはいった後あと、良平はトロッコに座りながら、帰る事ばかり気にしていた。「もう日が暮れる」――彼はそう考えるとぼんやり座っていられなかった。トロッコの車輪を蹴(け)って見たり、一人では動かないのがわかっていながら、それを押したりする事で気持ちを紛(まぎ)らせていた。
 ところが土工たちは出て来ると、車の上の枕木(まくらぎ)に手をかけながら、あっさりと彼にこう言った。
「君はもう帰りな。おれたちは今日は向こうに泊まるから。」
「あまり帰りが遅くなると君の家族が心配するよ。」
 良平は一瞬(いっしゅん)呆気(あっけ)に取られた。もうすぐ暗くなる事、今日の道のりは昨年、母と来た道の三、四倍ある事、それを今からたった一人で歩いて帰らなければならない事、――そういう事が一気にわかったのである。良平はほとんど泣きそうになった。しかし、泣いても仕方(しかた)がないと思った。彼は若い二人の土工に取ってつけたようなおじぎをすると、どんどん線路沿いに走り出した。
 良平はしばらく夢中(むちゅう)なって線路沿いに走り続けた。その内にふところの菓子包みが、邪魔(じゃま)になる事に気がついたから、それを道端(みちばた)へ放り出すついでに、草履(ぞうり)もそこへ脱ぎ捨ててしまった。すると薄い足袋(たび)の裏へじかに小石が食いこんだが、足だけはとても軽くなった。彼は左に海を感じながら、急な坂道(さかみち)を駈(か)け登った。ときどき涙がこみ上げて来ると、自然に顔がゆがんで来る。――それは無理に我慢(がまん)しても、鼻だけは絶えずくうくう鳴った。
 竹藪の側を駈け抜けると、もう日が暮れかかっていた。良平は、いよいよ気が気でなかった。行きと帰りで景色が違うのも不安だった。すると今度は着物までも、汗の濡(ぬ)れたのが気になったから、やはり必死に走り続けながら、羽織(はおり)を道端(みちばた)へ脱ぎ捨てた。
 蜜柑畑へ来る頃には、あたりは暗くなる一方だった。「命さえ助かれば――」良平はそう思いながら、すべってもつまずいても走って行った。
 やっと遠い夕闇(ゆうやみ)の中に、村外れの工事場が見えた時、良平は泣きたくなったが泣かずに走り続けた。
 村へ戻ると、もう両側の家家には、電燈の光が灯(とも)っていた。良平はその電燈の光に、頭から汗の湯気(ゆげ)の立つのが、彼自身にもはっきりわかった。井戸端に水を汲くんでいる女達や、畑から帰って来る男達は、良平があえぎながら走るのを見ては「どうしたの?」などと声をかけた。しかし、彼は無言のまま雑貨屋や床屋など明るい家の前を走り過ぎた。
 良平は家の入口に着いた時、とうとう大声で泣き出した。その泣き声を聞いて父や母が集まった。母は「どうしたの?」といいながら、良平の体を抱かえた。しかし、良平は泣き続けた。その声があまりにも激(はげ)しかったため、近所の女達も三,四人、入口へ集って来た。父母はもちろんその人たちは、口々(くちぐち)に彼の泣く訳(わけ)を尋ねた。しかし、彼は何と言われても泣き続けるしかなかった。あの遠い道を走ってきた今までの心細さを思い出すと、いくら大声に泣き続けても気が済まなかった。
 良平は二十六歳の時、妻子(さいし)と一緒に東京へ出て来た。今ではある雑誌社の二階で校正の仕事をしている。が、彼はたまに何の理由もないのに、その時の彼を思い出す事がある。全く何の理由もないのに?――日々の忙しさに疲れた彼の前には今でもやはりその時のように、薄暗い藪(やぶ)や坂のある道が続いている。
(1922)