「鼻(はな)」芥川龍之介 The Nose by Ryunosuke Akutagawa

Rewrite [N1-N2 level]

 禅智(ぜんち)和尚(おしょう)の鼻を池ノ尾町(いけのおちょう)で知らない者はいない。鼻の長さは15cmから18cmあり上唇(うわくちびる)の上から顎(あご)の下(した)まである。形は元も先も同じように太い。それはまるでソーセージが顔のまん中からぶら下っているようにみえる。
 五十歳を過ぎた和尚は幼い頃から今までずっと心の中ではこの鼻のことで悩んでいた。もちろん表面上は今でもそれほど悩んでいない振りをしている。これは神を信仰することを仕事とする僧の立場(たちば)で、鼻のことで悩むのが悪いと思ったからばかりではない。それよりむしろ、自分が鼻のことで悩んでいるという事を、人に知られるのが嫌(いや)だったからである。和尚は日常の話題の中に鼻という単語が出て来るのを何よりもおそれていた。
 和尚が鼻のことで悩んでいる理由は二つある。一つは実際に鼻の長いのが不便だったからである。まず、食事をする時にもひとりでは食べることができない。ひとりで食べれば、鼻の先がお椀(わん)の中のご飯へとどいてしまう。そこで僧侶は弟子の一人をテーブルの反対側へ座らせて、食事中、およそ幅3cm長さ60cmの板で、鼻を持ち上げてもらう事にした。しかしこのように食事をすることは、持ち上げている弟子にとっても、持ち上げられている和尚にとっても、決して簡単な事ではない。一度この弟子の代りをした小僧が、くしゃみをした拍子に手がふるえて、鼻を粥(かゆ)の中へ落した話は、当時、京都まで広まった。けれどもこれは和尚にとって、決して鼻で悩んだ主(おも)な理由ではない。実は和尚はこの鼻によってプライドが傷つけられる事に悩んだのである。
 池ノ尾町のある者は"彼は僧なので結婚できないのは彼にとっても都合のよいことだ"と言った。あの鼻では誰も彼と結婚する女はいないと思ったからである。中にはまた、あの鼻だから僧になったのだろうと言う者もいた。しかし、和尚は自分が僧だからこの鼻で悩む事が少なくなったとは少しも思っていない。和尚のプライドは決して未婚(みこん)のような結果的な事実には左右されない。そこで和尚は積極的にも消極的にも、この傷ついたプライドを取り戻そうと試みた。
 和尚が最初に考えたのは、この長い鼻を実際以上に短く見せる方法である。これは人のいない時に、鏡へ向って、いろいろな角度から顔を映しながら、熱心に工夫(くふう)をしてみた。顔の位置を変えるだけでは、安心ができなくなって、頬杖(ほおづえ)をついたり顎(あご)の先へ指をあてて、根気よく鏡を覗(のぞ)いて見る事もあった。しかし自分でも満足するほど、鼻が短く見えた事は、これまでに一度もない。場合によっては苦労すればするほど、かえって長く見えるような気がした。和尚は、こういう時には鏡を箱へしまいながら、いまさらのようにため息をついて、しぶしぶまた元の机へお経を詠(よ)みに戻るのである。
 それからまた、和尚はいつも人の鼻を気にしていた。池ノ尾町の寺は説教などがよく行われる寺である。寺の敷地内は宿舎があり、浴場では僧侶が毎日、湯を沸かしている。したがってここへ出入りする僧侶や一般人はとても多い。和尚はこういう人々の顔を根気強く観察した。一人でも自分のような鼻のある人間を見つけて、安心がしたかったからである。だから和尚はそのような人々の服装はまったく気にしなかった。和尚は人を見ずに、ただ、鼻を見た。――しかし鉤鼻(かぎばな)はあっても、和尚のような鼻は一つも見当らない。その見当らないことが度重なるにつれて、和尚の心は次第にまた不快になった。和尚が人と話しながら、思わずぶらりと下っている鼻の先をつまんで見て、年甲斐(としがい)もなく顔を赤くしたのは、まさにこの不快な気分のせいである。
 最後に和尚は本の中に自分と同じような鼻のある人物を見つけて、せめてもの慰(なぐさ)めにしようと思った事がある。けれども、目連(もくれん)や、舎利弗(しゃりほつ)の鼻が長かったことは、どの本にも書いてない。もちろん竜樹(りゅうじゅ)や馬鳴(めみょう)も、人並みの鼻を備えた僧侶である。和尚は、中国の本において、蜀漢(しょくかん)の劉玄徳(りゅうげんとく)の耳が長かったという事を聞いた時に、それが鼻だったら、自分も安心できると思った。
 和尚がこういう消極的な苦心をする一方、積極的に鼻の短くなる方法を試みた事はわざわざここに書くまでもない。和尚はこの方面でもほとんど出来るだけの事をした。烏瓜(からすうり)を煎(せん)じて飲んで見た事もあるし、鼠(ねすみ)の小便を鼻へなすりつけてみた事もある。しかし、何をしても鼻は元の長さのまま唇の上にぶら下がっているだけである。
 ところがある年の秋、和尚の用事を兼ねて、京都へ行った弟子(でし)の僧が、知り合いの医者から長い鼻を短くする方法を教わって来た。その医者は中国出身で当時は長楽寺(ちょうらくじ)の僧だった。
 和尚は、いつものように鼻のことは気にしていない振りをして、その方法もすぐにやってみようとは言わずにいた。その一方、気軽な口調で食事の度(たび)に、弟子の手数をかけるのが心苦しいというような事を言った。心の中ではもちろん弟子の僧が、自分を説得して、この方法を試みさせるのを待っているのである。弟子の僧にも和尚のこの本当の気持ちがわからないはずはない。しかし、それに対する反感よりは、和尚のそういう策略をとる気持ちの方が、より強くこの弟子の僧の同情を動かしたのであろう。弟子の僧は和尚の予想通り口を極めてこの方法を試みる事を勧め出した。そして、和尚自身もまた、その予想の通り、結局この熱心な勧めに従う事になった。
 その方法というのは、ただ、湯で鼻を茹(ゆ)でて、その鼻を人に踏ませるという、とても簡単なものであった。湯は寺の浴場(よくじょう)で、毎日沸かしている。そこで弟子の僧は、指も入れられないような熱い湯を、すぐに容器に入れて、浴場から汲んで来た。しかし、じかにこの容器へ鼻を入れるとなると、湯気(ゆげ)が当たり顔を火傷(やけど)するおそれがある。そこでお盆に穴をあけて、それを容器の蓋(ふた)にして、その穴から鼻を湯の中へ入れる事にした。鼻だけはこの熱い湯の中へ浸(ひた)しても、少しも熱くないのである。しばらくすると弟子の僧が言った。
 ――もう茹(ゆ)で上がった時間ですよ。
 和尚は苦笑した。これだけ聞いたのでは、誰も鼻の話とは気がつかないだろうと思ったからである。鼻は熱湯に蒸(む)されて、まるで蚤(のみ)に食べられたかのようにむず痒(がゆ)い。
 弟子の僧は和尚が蓋の穴から鼻をぬくと、そのまだ湯気の立っている鼻を、両足に力を入れながら、踏みはじめた。和尚は横になって、鼻を床板の上へのばしながら、弟子の僧の足が上下(じょうげ)に動くのを眼の前に見ているのである。弟子の僧は、時々気の毒そうな顔をして、和尚の禿頭(はげあたま)を見おろしながら、こんな事を言った。
 ――痛くはないですか。医者は責めるように踏めと言いました。しかし、痛くはないですか。
 和尚は首を振って、痛くないという意味を示そうとした。ところが鼻を踏まれているので思うように首が動かない。そこで、上眼(うわめ)を使って、弟子の僧の足に皹(あかぎれ)のきれているのを眺めながら、腹を立てたような声で、
――痛くないぞ。
 と答えた。実際鼻はかゆい所を踏まれるので、痛いよりもかえって気持ちいいくらいだったのである。
 しばらく踏んでいると、やがて、粟粒(あわつぶ)のようなものが、鼻へ出来はじめた。いわば毛をむしった小鳥をそっくり丸焼(まるや)きにしたような形である。弟子の僧はこれを見ると、足を止めて独り言のようにこういった。
 ――これをピンセットでぬけと言っておりました。
 和尚は、不満気に頬をふくらせて、黙って弟子の僧の言いなりになった。もちろん、彼の親切は理解できるが自分の鼻をまるで物のように取扱うのが、不愉快に思ったからである。和尚はヤブ医者の手術をうける患者のような顔をして、弟子の僧が鼻の毛穴からピンセットで脂(あぶら)をとるのを嫌々ながら眺めていた。脂は、鳥の羽の茎(くき)のような形をして、およそ15mmの長さに抜けるのである。
 やがてこれが一通り済むと、弟子の僧は、ほっと一息ついたような顔をして、
――もう一度、これを茹でればいいです。
といった。
 和尚はやはり、嫌な顔をしつつも弟子の僧の言いなりになった。
 さて二度目に茹でた鼻を出して見ると、いつになく短くなっている。これではあたりまえの鍵鼻と大した変りはない。和尚はその短くなった鼻をなでながら、弟子の僧の出してくれる鏡を、きまりが悪るそうにおずおず覗いてみた。
 鼻は――あの顎(あご)の下まで下っていた鼻は、ほとんど嘘のように縮んで、今はわずかに上唇の上に残っているだけである。所々まだらに赤くなっているのは、恐らく踏まれた時の痕(あと)であろう。こうなれば、もう誰も馬鹿にする者はいないにちがいない。――鏡の中にある和尚の顔は、鏡の外にある和尚の顔を見て、満足そうに眼をまばたきした。
 しかし、その日は鼻がまた長くなることへの不安があった。そこで和尚は読経(どきょう)する時も、食事をする時も、暇さえあれば手を出して、そっと鼻の先にさわって見た。が、鼻は行儀(ぎょうぎ)よく唇の上に納まっているだけで、格別それより下へぶら下って来る気配もない。それから次の日、朝早く起きると和尚はまず、自分の鼻をなでて見た。鼻は依然として短い。和尚はそこで、これまでになく、いい気持ちになった。
 ところが二三日の内に和尚は意外な事実を発見した。それは用事で池ノ尾の寺を訪れた侍(さむらい)が、前よりも一層(いっそう)可笑(おかし)そうな顔をして、話もろくにせずに、じろじろ和尚の鼻ばかり眺めていた事である。それのみならず、かつて、和尚の鼻を粥(かゆ)の中へ落した事のある小僧などは、講堂の外で和尚と行きちがった時に、始めは下を向いておかしさをこらえていたが、とうとうこらえ兼ねたと見えて、一度にふっと吹き出してしまった。彼から仕事の指示を受けた弟子の僧たちが、面と向っている間だけは、慎(つつし)んで聞いていても、和尚が後(うしろ)さえ向けば、すぐにくすくす笑い出したのは一度や二度の事ではない。
 和尚ははじめ、この理由を自分の顔が変わったせいだと思った。しかし、どうやらこの理由だけでは十分に説明がつかないようである。――もちろん、小僧や弟子が笑う原因は、そこにあるのにちがいない。けれども同じ笑うにしても、鼻の長かった昔とは何となく様子(ようす)がちがう。見慣れた長い鼻より、見慣れない短い鼻の方がおもしろく見えるといえば、それまでである。が、そこにはまだ何かあるらしい。
 ――前はあのように遠慮なく笑うことはなかった。
 和尚は、読経をやめて、禿(はげ)頭を傾けながら、時々こうつぶやく事があった。愛すべき和尚は、そういう時になると、必ずぼんやり、傍(かたわら)にかけた普賢(ふげん)の画像を眺めながら、鼻の長かった四五日前の事を思い出して、「今は貧乏な人が、昔の金持ちだった頃を懐かしく思う」のと同じように元気がなくなってしまうのである。――和尚には残念ながらこの疑問の答えがわからなかった。
 ――人間の心には互いに矛盾(むじゅん)した二つの感情がある。もちろん、誰でも他人の不幸に同情しない者はない。ところがその人がその不幸を乗り越える事が出来ると、今度は何となく物足りないような気持ちがする。少し大げさに言えば、もう一度その人を同じ不幸な目に合わせたい気にさえなる。そうしていつの間にか、消極的ではあるが、ある敵意をその人に対して抱くような事になる。――和尚が理由を知らないながらも何となく不快に思ったのは、池ノ尾町の人々の態度からこのことを感じとったである。
 そこで和尚は日に日に機嫌(きげん)が悪くなった。二言目には、誰でも意地悪く叱(しか)りつける。しまいには鼻の治療をしたあの弟子でさえ陰口をするほどになった。特に和尚を怒らせたのは、例のいたずらな小僧である。ある日、けたたましく犬の吠ほえる声がするので、和尚が何気なく外へ出て見ると、小僧は、約60cmの木片をふりまわして、毛の長い痩(や)せた犬を追いまわしている。それもただ、追いまわしているのではない。「鼻を叩(たた)かれるなよ。」と馬鹿にしながら、追いまわしているのである。和尚は小僧の手からその木片をひったくって、したたかにその顔を打った。木片は以前の鼻を持ち上げるための木だったのである。
 和尚は鼻の短くなったことで、かえって不快になった。
 するとある夜の事である。日が暮れてから急に風が吹いたと見えて、塔(とう)の鐘(かね)の鳴る音が、耳に聞こえてうるさかった。さらに寒いので、老年の和尚はなかなか寝ることができない。そこで布団の中でじっとしていると、ふと鼻がかゆいのに気がついた。手で鼻を抑(おさ)えると少しむくんでいる。また、そこだけ熱くなっている。
 「無理に短くしたため、病気になったのかもしれない。」
 和尚は鼻を抑えながら、つぶやいた。
 翌朝、和尚がいつものように早く起きると、外のイチョウやクヌギが一晩の内に葉を落したので、庭は黄金を敷いたように明るい。太陽もまばゆく光っている。和尚は縁台に立って深呼吸した。
 すると忘れようとしていたある感覚が再び和尚に戻った。
 和尚はあわてて鼻を手でさわった。手でさわったものは昨晩の短い鼻ではない。上唇の上から顎の下まで、ぶら下っている、昔の長い鼻である。和尚は鼻が一晩で、また元の通り長くなったのを知った。そして、それと同時に鼻が短くなった時と同じような、いい気持ちを何となく感じた。
 「こうなれば、もう誰も馬鹿にする者はいないにちがいない。」
 和尚は心の中でこう自分につぶやいた。長い鼻を明け方の秋風にぶらつかせながら。
(1916)