「芋粥(いもがゆ)」芥川龍之介 Yam Gruel by Ryunosuke Akutagawa

Note

Summary

普段、滅多に食べることができない芋粥を飽きるまで食べてみたいというみじめで臆病な男のささやかな願望が実現した。しかし、その量があまりにも多かったため、見ただけでお腹がいっぱいになってしまった。願望は願望のままで叶わない方がむしろよかったのかもしれない。

甘葛(あまずら)

平安時代に用いられた植物のツタまたはツルから採れる甘味料のこと。現在は入手できない。

真にうける

他人の言うことを本気に受け取る。