銘柄選び

シンプル株式投資における銘柄選びの方法はとてもシンプルです。具体的にはプロが勧める割安株をある基準で検討した上で購入するか否かを判断するだけです。

少額(数万円~20万円以下目安)での分散投資がおすすめ

少額で複数の株に分散して投資することがコツとなります。最低購入代金が20万円以下の株を選びましょう。ちなみに最低購入代金 = 株価 × 単元株数です。

銘柄候補が見つかるサイト

低位株・テーマ株ちゃんねるhttps://low-theme.com/

今後、業界全体の発展に伴い株価の上昇が見込めそうなものの何らかの理由で株価がまだ上がっておらず、割安な銘柄を中心に紹介してくれているサイトです。こちらの銘柄の中から将来性のありそうな銘柄を選別した上で投資しましょう。

株予報PROhttps://kabuyoho.jp/

個人投資家向け株式情報サイトです。こちらもアナリスト予想のコラムを見ていくと今後伸びていく分野にも関わらず、株価がそれに追いついていない銘柄があることがわかります。

買うか買わないかの判断基準

シンプル株式投資の買うか買わないかの判断基準は次の通りです。

  1. 最低購入代金を考慮しても十分、割安であること
    →予想より株価が下がった場合でも損切りを考える必要がありません。
  2. 成長性があること
    →黒字かつ配当があることが前提です。
  3. 財務状況が健全であること
    →自己資本比率が業界平均より高いかどうか

こちらの3つの要素の内、2つ以上当てはまる場合は買いとなります。

割安かどうか判断する基準

割安かどうか判断する基準は複数ありますが、私が採用している基準は次の通りです。

  • IFISスコアの割安性が業界平均より高いかどうか
  • 10年月足チャートで株価が上昇傾向にあること
  • 予想より株価が下がった場合にナンピン買いを検討する気になるかどうか